俳優とホームページ制作の関係|アクターズカフェ|ACTORS CAFE|俳優・役者の為のホームページ制作&キャスティング・オーディション募集情報配信の俳優バックアップサービス

俳優とホームページ制作の関係|アクターズカフェ|ACTORS CAFE|俳優・役者の為のホームページ制作&キャスティング・オーディション募集情報配信の俳優バックアップサービス

ウェブサイト・ホームページと俳優の関係|アクターズカフェ|ACTORS CAFE|俳優・役者の為のホームページ制作&キャスティング・オーディション募集情報配信の俳優バックアップサービス

俳優にとって一番重要なのは『芝居の技術』ではなく『魅力』であるとアクターズカフェは考えています。 そして、少しずつでも【知ってもらえるきっかけ】を自ら創っていく作業がどの俳優にも必然的に求められています。それは芸能事務所に所属してチャンスを掴む方法もあれば、ご自身でプロデュースを行いチャンスを掴む方法、才能のある若手映画監督とタッグを組みながらチャンスを掴む方法など、 どの方法でも結局辿っていくべき・訪れるべき一つのターニングポイントがあるのではと考えています。 これまでたくさんの俳優の方々にお会いしてきましたが、ご自身の性格・性分・本能・才能をどれだけご自身の中でフィットさせてどう向き合っているかが非常に重要な職業だと私たちは実感しました。

芸能プロダクションの力関係について色々と、雑誌やネットニュースで騒がれる事ももちろんありますが、 ご自身の特性を活かし力関係とは別の部分で活躍できる俳優の方々もたくさんいます。 売り込む力がとても大きい場合にはすぐにチャンスということも社会の構造上、当然存在しますが、 ほとんどの人がその環境にはなく、人生経験を積み、地道な努力と、信頼を大きくし地道に築きあげていった縁が非常に大事になっていきます。 一方で、縁やチャンスを意識しすぎてしまい、飲み会やオーディションの場など出会いの瞬間に損をしてしまう人も多いのではないでしょうか?

いまや、インターネットで色々な人が色々な方法で発信していく時代になり、映画舞台テレビの製作者だけでなく、そこに参加していく為に俳優さんたちの努力も色々な仕方が増えてきました。自分でどんどんやっちゃえる時代!?なんじゃないかなと思っています。

このページでは、まず俳優の歴史に触れながら過去の俳優たちの置かれていた環境と現在の俳優の環境の違いについて独自の考察をしました。
目の前のチャンスや仕事に集中してしまう職業ではありますが、全体を見据えることでご自身が一番にすべき事(適切な環境・磨いていくべき魅力、など)をより深く考えてもらうきっかけになれば幸いです。

戦争前の俳優たち・役者たちの環境|アクターズカフェ|ACTORS CAFE|俳優・役者の為のホームページ制作&キャスティング・オーディション募集情報配信の俳優バックアップサービス

戦争前の俳優たち・役者たちの環境|ホームページ制作と俳優の関係、そしてキャスティングとオーディション募集情報の環境を自分で作る考え

戦争前の娯楽の王様は『映画』と言われていました。サイレント映画(無声映画)が主流でした。
日本発の映画興行が行われた場所は、1897年に大阪の南地演舞場です。
そして1903年には日本発の常設映画館、浅草電気館がオープンし、その後各地に映画館ができるようになったと言われています。
舞台と映画で興行の駆け引き勝負が行われて、雇われる身である舞台俳優は映画に出演禁止などの動きもあったそうです。
1912年には映画会社4社が結集して日活が設立されました。
この当時の俳優は、映画1本ごとに映画会社と契約をするといった関係性だったそうです。
やがて、映画の人気と共に、スター俳優たちの引き抜きあいが色々なところで行われ、『専属雇用』や、一座ごと買収するといったケースも多々あったようです。

戦争後の俳優たち・役者たちの環境|アクターズカフェ|ACTORS CAFE|俳優・役者の為のホームページ制作&キャスティング・オーディション募集情報配信の俳優バックアップサービス

戦争後の俳優たち・役者たちの環境|ホームページ制作と俳優の関係、そしてキャスティングとオーディション募集情報の環境を自分で作る考え

戦後の1945年からは、物資が不足しインフレが加速していた事もあり、映画の製作本数が全体的に伸び悩んでいました。
そこで俳優を『専属雇用』から1本ごとに契約する『自由契約』に変更する動きが増していき、俳優たちは色々な映画会社を出入りするようになり、映画の内容も面白く活発になっていきました。その環境下、彼ら俳優の契約を斡旋する“俳優ブローカー”と呼ばれる人たちがおりました。今でいう芸能プロダクションのような存在です。
彼らは俳優たちを傘下に丸抱えするだけでなく、映画会社に俳優を貸し出すときに企画もパッケージにして売りつけるプランナーやプロデューサーの役割を果たす者もいた。今のアメリカ、ハリウッドの俳優たちが所属する「エージェント会社」や「マネジメント会社」の両方にあたる役割を担っていたようです。

戦争後しばらくの俳優たち・役者たちの環境-映画黄金期の時代-|アクターズカフェ|ACTORS CAFE|俳優・役者の為のホームページ制作&キャスティング・オーディション募集情報配信の俳優バックアップサービス

戦争後しばらくの俳優たち・役者たちの環境-映画黄金期の時代-|ホームページ制作と俳優の関係、そしてキャスティングとオーディション募集情報の環境を自分で作る考え

戦後しばらくは、俳優たちは「引き抜き」と呼ばれる、映画会社間の移籍が激しくなっっていきましたが、映画会社にとってそういった状況はお互いに意味を成さないということで、松竹、東宝、大映、新東宝、大映の五社協定が結ばれその流れは収まりました。理由は俳優たちの出演料を高くした為といわれています。映画はますます人気の娯楽の筆頭として社会に君臨していました。

映画会社専属の俳優たち・役者たちの環境-独立プロダクションの時代|アクターズカフェ|ACTORS CAFE|俳優・役者の為のホームページ制作&キャスティング・オーディション募集情報配信の俳優バックアップサービス

映画会社専属の俳優たち・役者たちの環境-独立プロダクションの時代|ホームページ制作と俳優の関係、そしてキャスティングとオーディション募集情報の環境を自分で作る考え

当時の俳優たちの中で、この五社協定と呼ばれる規定がかなり厳しかったということもあり、「俳優グループ」と呼ばれる映画会社と俳優の中間にあたる組織を発足する動きが目立ってきました。これは俳優同士の親睦会でもあり、映画会社から俳優を守る労働組合のようなものでした。
俳優たちの芸術的志向を実現する映画製作プロダクションの機能と、経理の機能、映画会社と交渉する芸能プロダクションの機能があったようです。
この俳優グループの一つに「にんじんくらぶ」(1954年設立)という3人の人気女優で結成されたグループは、つまらない映画に二つ返事をしていたら俳優生命を短くするという理念のもと 面白い作品に参加するべく、五社協定の環境の下でも、どの映画会社の映画でもその映画に参加したいケースには、交渉を通じて参加を成し遂げたといわれています。やがて、その流れが大きくなり、「劇団青俳」、「親和プロ」、「三文クラブ」といった俳優グループが増えていき、俳優の専属強化を狙う五社協定を牽引していったと言われています。

自立した芸術家としての俳優の拠点となったグループの存在は加入する俳優が増えていき、どんどん大きくなり、「にんじんくらぶ」は映画『人間の條件』3部作を製作しヴェネチア国際映画祭で受賞するなどして独立系プロダクションとして大きな快挙を成し遂げました。そういった流れに触発されて、企画を選ぶ俳優たちがどんどん独立プロダクションを立ち上げ、皆さんご存知の石原プロ、勝プロダクションなどが設立されたりと非常に強い勢いがありました。

しかし、何度目かの映画製作での失敗を期にこの独立プロダクションの動きや規模が小さくなっていったと言われています。

テレビ時代到来の俳優たち・役者たちの環境|アクターズカフェ|ACTORS CAFE|俳優・役者の為のホームページ制作&キャスティング・オーディション募集情報配信の俳優バックアップサービス

テレビ時代到来の俳優たち・役者たちの環境|ホームページ制作と俳優の関係、そしてキャスティングとオーディション募集情報の環境を自分で作る考え

1970年代にはモノクロテレビ普及率が100%に近づいており、テレビの仕事が重要な位置づけへと代わっていきました。
当時の映画会社は専属契約にしていた俳優たちを一斉解雇するなどして俳優たちは移籍をしたり、苦労があったと言われています。
これにはテレビに追い込まれていく映画界の構図があったようです。俳優の故・田宮二郎氏が大映を退社した理由は、業界の未来を見越して映画界から追放されてでも選択したのではないかと推測されています。他の映画俳優たちのテレビへの出演も珍しくなくなる時期でした。
ジャズバンドや歌手を中心にマネジメントをしていた芸能プロダクションがテレビの普及と映画界の変化に伴い、映画俳優と契約したりする流れが大きくなっていきました。また、業務内容も多角的に変化していき、プロダクション独自でイベントの企画・運営や、育成をかねて劇団を持ち運営するなど、それぞれの会社が多角経営を進めることで、様変わりするメディアの変化に対応してきました。

2000年以前の俳優たち・役者たちの環境-スター発掘の時代|アクターズカフェ|ACTORS CAFE|俳優・役者の為のホームページ制作&キャスティング・オーディション募集情報配信の俳優バックアップサービス

テレビ時代到来の俳優たち・役者たちの環境|ホームページ制作と俳優の関係、そしてキャスティングとオーディション募集情報の環境を自分で作る考え

1980年代には様々な映画・ドラマが製作され、俳優はプロジェクトごとに選ぶようになっていきました。俳優といえば映画俳優といったイメージも世間的に緩和されていきました。1990年にはドラマ制作がどんどん盛んになり、皆さんが知っているトレンディドラマが大ヒットをし、実力や魅力のある出演者が注目されていき、芸能プロダクションがどんどんと力をつけていきました。テレビ局はこの成功をもとに、逆にテレビ局が映画を製作するようになっていきました。テレビからデビューしていった俳優たちがスクリーンデビューをするなど、当時は画期的な出来事が起こりました。この時の俳優たちと芸能プロダクションとの間では様々な契約形態が存在し、給料制や出来高制といったり、ネットワークや付き合いの強いプロダクションが新人を売り出したりと有名タレント俳優を多く抱える事務所とそうでない事務所との間に格差が生まれていきました。舞台出身の個性派俳優たちが注目されるきっかけとなるドラマもたくさん存在しました。

2000年以後の俳優たち・役者たちの環境-テレビ衰退の時代|アクターズカフェ|ACTORS CAFE|俳優・役者の為のホームページ制作&キャスティング・オーディション募集情報配信の俳優バックアップサービス

2000年以後の俳優たち・役者たちの環境-テレビ衰退の時代|ホームページ制作と俳優の関係、そしてキャスティングとオーディション募集情報の環境を自分で作る考え

2000年代前半には、芸能プロダクションが番組や映画の製作に関わるようになり、出演者たちの顔ぶれや作品の内容も一様になり、収益を中心に構成する企画が目立っていき、尖った作品が少なくなっていきます。同時に視聴者は少しずつドラマやテレ番組を観る習慣が以前よりもなくなり全体的にドラマの視聴率が徐々に落ち始めていったといわれています。その原因としては作品のマンネリ化が目立っていっただけではなく、インターネットの普及に伴い視聴者は、テレビ以外の娯楽にも目を向け、時間を使うようになっていったからでした。

テレビの視聴率や映画の興行収入が落ちていくと、試行錯誤を繰り返しながらも制作費自体も少なくなっていき出資者もなかなか企画に出資をしなくなっていきます。芸能プロダクションと協力しあいながら製作委員会方式(一社の出資ではない)で映画が製作されることが多くなっていきます。

その一方で、世間ではインターネットによってブームやトレンドが非常に速い速度で変化をしていき、映画やドラマで視聴率をとることがますます難しくなっていきました。 テクノロジーの向上に伴い、映画やドラマ製作者たちはカメラや音の技術も非常に高いものが安価で手に入るようになり、いわゆる『低予算映画』、『低予算ドラマ』などといわれる事が増えるようになっていきました。ハイリスク・ハイリターンの興行からロウリスク・ロウリターン〜ハイリターンの構造ができ、DVD鑑賞用の作品がたくさん生まれ、たくさんの監督たちや俳優たちが低予算で作品を作っていくのが主流になっていきました。大きい作品しかなかった時代と比べ、これまでなかなかチャンスがなかった俳優たちも参加の機会が増えていきましたが、生活をしていくといった形では非常に難しい労働環境でした。

ロウリスクで映画が制作できるようになったために、インディーズ映画(自主映画)やインディペンデント映画が活発になっていき、大手の会社に勤めている監督ではなく、映画祭などで評価をされている若手監督たちにスポットが浴びるようになり、彼らと一緒に仕事をしていた俳優たちも一緒に売れていくといった流れも見られました。

同時に映画も商業映画、インディーズ映画の垣根が、知名度のある俳優を起用している点や上映館としての垣根はまだあるものの、映画自体の垣根がなくなりつつあり、国際映画祭での入選作品ではほとんど言っていいほど垣根なく同等に扱われるといった事になっていきました。そういった背景もあり、脚本が優れていれば、知名度のある俳優がインディーズ映画に参加するいった流れも表れ始めました。

また製作会社と付き合いの強い芸能プロダクションとそうでない事務所との格差が大きく広がり、新参事務所が苦戦をしている状況が色濃くはっきりするようになってきました。これがきっかけとなり、芸能事務所に所属している俳優とフリーランスで活動している俳優との仕事の量の差があまりなくなっていき、俳優個人の活動の評価の差によって差がつくようになってきました。一度、評価がついていけば芸能事務所は獲得する流れがあり、新人はレッスンを行い育てながらも、同時に少しでも動ける即戦力となれる魅力的な人材を発掘し、事務所自体の路線を確立していく事務所も増えてきました。

2000年代後半の俳優たち・役者たちの環境-ネットの時代到来|アクターズカフェ|ACTORS CAFE|俳優・役者の為のホームページ制作&キャスティング・オーディション募集情報配信の俳優バックアップサービス

2000年代後半の俳優たち・役者たちの環境-ネットの時代到来|ホームページ制作と俳優の関係、そしてキャスティングとオーディション募集情報の環境を自分で作る考え

さらに近年では特にGoogleやApple、楽天、AmazonといったIT起業が出資するウェブドラマやコンテンツシリーズドラマ、ウェブCMにも俳優たちは参加するようになります。そして俳優や製作者たちは海外のドラマや映画制作者とのコミュニケーションも容易にできるようになり、2000年以前に行われてきた他国と共同で製作する合作のように壮大な予算をかけて作る映画ではなく、低予算の合作映画が製作されたり、海外の映画ファンドや企画ファンドを利用して活動する映画のプロデューサーが増えつつある流れが出てきました。

また、インターネットを通じて、海外との交流も盛んになっていき動画投稿共有サイト「YouTube」からユーチューバーと呼ばれる素人が趣味で投稿したものが人気になり、素人が有名人になったりとこれまでテレビや映画といった媒体以外でも個人が動き出すことできっかけを作る事ができるようになりました。非常に多種多様の社会になりました。

現在、俳優という職業を実際に仕事にしていくために、自分から動いていける様々な手段が増えてきています。
まだまだ芸能プロダクションに依る、本人の知名度に依って決定する仕事もありますが、俳優本人と芸能プロダクションが協力しあう構図になってきています。

現在の俳優たち・役者たちの環境-娯楽多様性の時代|アクターズカフェ|ACTORS CAFE|俳優・役者の為のホームページ制作&キャスティング・オーディション募集情報配信の俳優バックアップサービス

現在の俳優たち・役者たちの環境-娯楽多様性の時代|ホームページ制作と俳優の関係、そしてキャスティングとオーディション募集情報の環境を自分で作る考え

現在ではIT企業によるオンラインコンテンツのドラマがたくさん製作されたり、マーティン・スコセッシ監督『沈黙』が日本人キャスティングで公募のオーディションを行ったように、ハリウッド映画が日本でキャスティング・撮影されたり、日本人の原作で映画化・キャスティングが行われたり、アジアのドラマで日本人役のキャスティングが行われたり、地方のテレビ局ドラマのオーディションや、インディーズ映画が大きな映画祭で入選するなど、チャンスの形がこの10年でも大きく大きく変化しています。 エンターテイメントにおいて国と国の垣根が徐々になくなりつつあります。

10年前だとインターネットもあまり普及していませんし、スマートフォンもありませんでしたが、 今ではたくさんの人がインターネットでサイトを見て人や物事を調べたり、感じたりするようになりました。 パソコンからのアクセスよりもスマートフォンからのアクセスが多くなってきました。

俳優の方々が色々なご縁があって作品参加に発展していく中で小さなきっかけは非常に大事な要素となります。
その人を会って知ることも多いのですが、それと同じように、【会う前にその人のホームページやオフィシャルサイトを見て想像してから】会う人も多くなってきています。
同時にキャスティングでオーディションに選ぶ際にもお名前を検索してホームページをみて過去のキャリアをチェックする製作者も多いようです。

本題に戻りますと、【俳優にとってホームページが必要か】、ということは直接の仕事になるか、ならないかという判断ではなく、 知名度がない俳優にとってはプロとして見てもらう姿勢があるか、ということが同時に問われていく社会になっていくと予想しています。 オフィシャルサイトで本人の魅力を伝えることができれば尚、初対面での内容がよくなっていくのではないかと想像しています。 特に俳優の名前で検索されてそのオフィシャルサイトがあるか、SNSやブログしか出てこないのか、ここでも大きな『差』になっていく世の中になるではと予想してなりません。

ホームページ制作と俳優の関係について-個人発信の大切さ|アクターズカフェ|ACTORS CAFE|俳優・役者の為のホームページ制作&キャスティング・オーディション募集情報配信の俳優バックアップサービス

以上、俳優という職業の在り方について、アクターズカフェの調べた情報や流れから予測・解釈をした部分がありますが、
俳優活動を盛り上げていく為には芝居の事だけなく、全体の動きや経済の動向を簡単にでも知ることが非常に大事になってきつつあるように思います。
今も昔も【自分の俳優人生とどう向き合っていくか】という精神性が問われているのではないでしょか?

まずはアクターズカフェの『キャスティング情報』+『オフィシャルサイト』のパッケージ戦略を考えてみませんか?

コース案内・料金について|アクターズカフェ|ACTORS CAFE|俳優・役者の為のホームページ制作&キャスティング・オーディション募集情報配信の俳優バックアップサービス   コース案内・料金について|アクターズカフェ|ACTORS CAFE|俳優・役者の為のホームページ制作&キャスティング・オーディション募集情報配信の俳優バックアップサービス

ピックアップ特集|アクターズカフェ|ACTORS CAFE|俳優・役者の為のホームページ制作&キャスティング・オーディション募集情報配信の俳優バックアップサービス

あなたの俳優活動に【キャスティング・オーディション情報】と【ホームページ制作】を提供します。キャスティングのエントリーはご自身で行うので事務所所属者でもOK!ウェブサイトの更新はお任せ下さい。
その他、プロフィール制作、宣材写真撮影演技リール動画制作、なども承れます。アクターズカフェ|ACTORS CAFE|俳優・役者の為のホームページ制作&キャスティング・オーディション募集情報配信の俳優バックアップサービス

 

 

俳優活動にウェブサイトが必要か?アクターズカフェ|ACTORS CAFE|俳優・役者の為のホームページ制作&キャスティング・オーディション募集情報配信の俳優バックアップサービス キャスティング・オーディション情報・俳優募集の是非?アクターズカフェ|ACTORS CAFE|俳優・役者の為のホームページ制作&キャスティング・オーディション募集情報配信の俳優バックアップサービス
アクターズカフェ|ACTORS CAFE|俳優・役者の為のホームページ制作&キャスティング・オーディション募集情報配信の俳優バックアップサービス
アクターズカフェ|ACTORS CAFE|俳優・役者の為のホームページ制作&キャスティング・オーディション募集情報配信の俳優バックアップサービス